takuwaningのブログ

私 takuwaningの勉強用のものです。運営者は医学的助言を行っておりません。当ブログの情報の利用は自己責任でお願いします。

冠動脈の走行と、覚えておきたい「冠状」の意味

心臓そのものを栄養する冠動脈ですが、さらに分類すると

・左冠動脈前下行枝
・左冠動脈回旋枝
・右冠動脈
の3つに別れます。

 

f:id:takuwaning:20181017162019g:plain

北海道心臓協会様のイラストをお借りしています。ありがとうございます!
規約には目を通しておりますが、問題がある場合はご連絡ください。すぐ削除させて頂きます。

こちらの素晴らしいイラストをみていただければわかりますが

左冠動脈回旋枝と右冠動脈は だいたい横

左冠動脈前下行枝は     だいたい縦 に走っていることがわかります。

 

ちなみに医師国家試験107E-9では

左冠動脈回旋枝と 右冠動脈近位部は 冠状溝を通り
左冠動脈前下行枝は 前室間溝を通る。
といった知識が問われました。

前下行枝はそりゃ、前の方の心室の間の溝を通ってるので納得ネーミングですが
回旋枝と右冠動脈の冠状溝ってなんじゃそれ? となってしまう人も多いと思います。

 

この場合の冠状とは

f:id:takuwaning:20181017162909p:plain

これではないです。

 

こっちです! Google画像検索「草 冠」

f:id:takuwaning:20181017163455j:plain

だから冠状っていったら

球体に対して

f:id:takuwaning:20181017171241j:plain

こういう赤い線を入れたイメージを指すんですね。(例 CTの冠状断とか)

なので

 左冠動脈回旋枝と 右冠動脈近位部は 冠状溝を通り

 というのも、そのまま球状の心臓に対し、上図の赤線のように走るイメージを持てていたら納得できますね。

食道の位置

食道は

・気管の後ろ。接している。(背側)

・左房・左室には近い。右房・右室には遠い。(背中側だから当たり前だけどね)

・だから肺静脈(→左房)、(左室→)下行大動脈には接するタイミングがある。

・頸部~胸部中部くらいまでは右側ががら空きで、左側には大動脈弓や、下行大動脈がある。だから頸部~胸部中部くらいまでの食道手術は右開胸。

・下部食道までおりてくると、右側には肝臓が!だから左開胸。

 

↓このことを意識しながら下のページでレッツ勉強。

造影CT 〔病気がみえるvol.1 消化器〕

 

そうしたら食道癌の浸潤問題にも悩まなくてすむ!

 

食道癌の直接浸潤として可能性が高いものはどれ?

気管、下行大動脈、上大静脈、肺動脈、肺静脈

正解は下の部分をドラッグ!

 

気管、下行大動脈、肺静脈、

新生児一過性多呼吸 TTN

Transient Tachypnea of the Newborn

新生児にみられる一過性の多呼吸。(そのまんまや)

緊急帝王切開などで生まれた児に多く見られる。(正期産でも見られる)
通常、産道通過時に起こる圧迫によって肺水が口から排出される。帝王切開ではその圧迫が起きないため、絞られないスポンジのように肺の中に肺水が存在し
それによって呼吸障害、多呼吸を来す。

治療は必要になることは多くないが、酸素化に上昇がみられない場合は、モニター管理下にて酸素投与も考慮する。

 

呼吸窮迫症候群RDS(肺サーファクタント欠乏が引き起こす肺胞の虚脱)、胎便吸引症候群MAS(便による気道の閉塞)との鑑別が重要となる。

心臓の弓

 

右第1弓とか、左第4弓とかのアレです。覚えづらいのは僕だけですか?

 

右第1弓 上大静脈

右第2弓 右房

左第1弓 大動脈弓

左第2弓 肺動脈

左第3弓 左房(目立たないことが多い)

左第4弓 左室

 

f:id:takuwaning:20181001115857j:plain

DNAウイルス

前提条件として、基本はウイルスはRNAばっかりです。

なのでDNAウイルスを覚えておけば、それ以外はRNAという考え方で大丈夫(少なくとも医師国家試験は!生物やさんは知りません)

 

HHAPPP ハープーとかハッピーとか読むみたいです。僕はハープー派)

H ヘルペス:単純ヘルペス1や2、水痘・帯状疱疹ウイルス、EBウイルスサイトメガロウイルスなどを含む

H ヘパドナ:肝炎ウイルスB型

A アデノ:アデノウイルス

P ポックス:天然痘

P パルボ:ヒトパルボウイルスB19(伝染性紅斑リンゴ病や急性赤芽球癆など

P パポバ:有名どころだとHPVとかとか

ざっくり全身麻酔薬

吸入麻酔薬の(当たり前の)話

・セボフルラン、デスフルランなどがある。
・呼吸していないと取り込まれない(当たり前の話)
・肺の血流が均等でないと、血流動態異常があると(左-右シャントがあったりすると、脳にいかず)遅い。

 

静脈麻酔薬の(当たり前の)話

バルビツレート系(チオペンタールチアミラール
GABA受容体に作用しGABAの作用を増強し、抑制系を不活化する
脳保護作用(脳酸素消費量↓、脳血流量↓、脳圧↓)

ベンゾジアゼピン系(ミダゾラム
GABA受容体に作用しGABAの作用を増強し、抑制系を不活化する
妊娠中の使用で口唇裂、口蓋裂を誘因する
拮抗薬(フルマゼニル)があるので使いやすい面がある(効きすぎの時はいざといえば拮抗薬!という考えもある)

プロポフォール
GABA作動性抑制性シナプスの活性を増強。
制吐作用、多幸感。卵、大豆アレルギーの患者には使えない。

脊髄硬膜外麻酔

通称エピスパ。L3/L4、L4/L5から行うことが多い。

L4のメルクマールとしては、左右の腸前上骨稜を結んだヤコビー線が用いられる。

使用する針は、ペンシルポイント針とクインケ針(片手で行えて簡易的)。

使用薬剤

レボブピバカイン(ポプスカイン)

メピバカイン(カルボカイン)

ロピバカイン(アナペイン)等が挙げられる。

 

行う場合、肝機能低下などによる凝固能低下がないかを確かめる必要がある。
硬膜外麻酔が可能かどうかは、

血小板数10万超、PT-INR1.5未満、APTT50パーセント未満(米国区域麻酔科学会ARSAの基準)などが用いられる。

術中の疼痛管理だけではなく、術後の疼痛管理にも有用である。