takuwaningのブログ

私 takuwaningの勉強用のものです。運営者は医学的助言を行っておりません。当ブログの情報の利用は自己責任でお願いします。

医学史上の偉人 

ヒポクラテス古代ギリシャ
・ざっくりまとめ
医学の父と呼ばれる偉人。医学を宗教、迷信と切り離し「技術」として独立した。
ヒポクラテスの誓いでも有名。
・詳細
ヒポクラテスの誓いの中で、医療者としての倫理、技術としての客観性の重要性を語る。また、地震洪水などの後には疫病が蔓延することに注目し、自然災害が起こることで、汚れが巻き上がりそれを吸い込んで病になるというミアズマ説を唱えた

 

レーウェンフック(オランダ)
・ざっくりまとめ
オランダの呉服商人でありながら、自作のレンズで身近なものを観察し、初めて細菌を発見。
・詳細
1676年 細菌を世界で始めて発見。当時はまだ細菌とは呼ばれず、小動物を意味するanimalculeと呼ばれていた。

エドワード・ジェンナー(イギリス)
・ざっくりまとめ
牛痘に既に感染することで天然痘にならない。という言い伝えを技術として確立した。
・詳細
1796年 牛痘に感染した女性の腕に出来た牛痘を少年に摂取、半年後天然痘を摂取しても発症しないことで種痘の有効性を示した。

 

パスツール(フランス)
・ざっくりまとめ
フランスの細菌学者。ワイン腐敗の原因を探る中で、微生物の自然発生説を否定。
また狂犬病ワクチンの開発に成功。リスター、コッホに影響を与える。
・詳細
1859年、首長フラスコを用いることで微生物自然発生説を否定。リスターに影響を与える。
1862年、低温殺菌法を開発。これにより美味しくワインやビール、牛乳を飲むことが可能になった。ビールを飲む度に思い出そう。ありがとう、パスツール
1885年、狂犬病ワクチンを開発。予防だけでなく、発症初期においてもワクチン投与が有効であることを示した。

 

リスター(イギリス)
・詳細
1867年 イギリスの外科医であるリスターは、パスツールの自然発生説の否定(1859年)内の、「空気中には腐敗をもたらす微生物がいる」という内容から着想を得て、手術道具を全て石炭酸で消毒した後に手術を行う無菌手術法に成功した。

 

コッホ(ドイツ)
・ざっくりまとめ
ドイツの医師、細菌学者。パスツールの若きライバル(つまり年下)。彼は固形物質(ゼラチン)による培養法を用いて、炭疽症が炭疽菌という細菌に感染することで引き起こされることを証明した。
・詳細
1876年 炭疽症は炭疽菌が引き起こすことを証明。細菌感染の原因生物を特定するコッホの4原則を発表。
1882年 炭疽菌の時と同様に結核結核菌によって起こることを証明。3月24日だったので世界結核デーとなる。
1883年 コレラ筋を発見。
1890年 ツベルクリンを発明。現在、診断において用いられている。

 

北里柴三郎(日本)
・ざっくりまとめ
コッホの弟子。難しかった嫌気性菌の培養に成功し、破傷風菌の培養に成功。破傷風の症状を起こすものは毒素であることを示した。
・詳細
1889年 破傷風菌の培養に成功。
1890年 破傷風菌の症状は菌そのものではなく、菌が産生する毒素であること発見。またその毒素に対抗する物質が感染者の血液中には含まれることを発見し抗毒素と命名。血清療法を発明する。